2018年9月7日金曜日

台風21号の罹災証明…出ますよ?

地震の時ほど知られていませんが、台風21号の罹災証明書も発行されています。
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kinkyusaigai/1536115545136.html

被害に見舞われた方は、証明書の発行に向かわれる事をオススメします。
また、
スマホで写真を撮って、そのまま持参できるのは
地震の時と同じです。
印刷する必要はありません。
これは敷居が随分と下がるので
個人的に評価出来ると感じています。

受付時間

平日 8時45分から17時15分まで

受付場所

高槻市役所総合センター1階 18番窓口


細かい内容は上のリンク先をよく読んで確認して下さい。
地震の時と内容は似ていますので、以前申請された方は、
左程悩む部分は無いと思われます。

2018年7月15日日曜日

注意すべきもの

東北地震時分に言われたことは、
水に浸かった『ハイブリット車には近づかない』
→感電の恐れがあるから。

これに加え、東北の地震以降
『ソーラーパネルが普及』し、同じ事が起こる様です。
素人目には判断できませんが、ソーラーパネルを載せていた家が浸水、
御パネルが水に沈んでいる場合は、同様に感電の恐れがあります。

今年の被害は、
広島・岡山が大きな浸水被害に見舞われていますので
 ボランティアなどで向かった地域ではご注意下さい。

被災者の方は、二次被害になりますので、
これらのには近づかず、距離を取って行動する事を願います。

2018年6月26日火曜日

『罹災証明書』申し込み行ってきました。

結論から申し上げますと、
判子を忘れたので、相談伺いになります。

・わかったこと
通常は、倒壊や半壊で出るのですが、修繕なんかも対象になるようです。
(どういう範囲荷なるのかはわかりませんが、控除して貰えるだけマシかも?)

写真はも通常、修繕・修理前の物が必要になるのですが、
今回は修繕してる写真でも可能だそうです。

諦める前に損傷箇所の写真を取って
罹災届を自己申告する事をオススメします。

尚、

罹災証明書の具体的な内容は、こちらが端的でわかりやすかったです。
http://kiki-kaihi.com/?p=279
危機回避.com 様

尚、
ネットでの申請も可能になると言われてました。
出向く時間のない方は、こちらを待って見るのも手でしょう。

尚、
この内容は、私が聞いた担当者との折衝内容ですので
差が生じた場合はご容赦ください。

2018年6月24日日曜日

自己申告による罹災証明書の発行

http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kinkyusaigai/1529745658102.html
 明日から、
自己申告による罹災証明の受付が開始されるみたいです。

写真判定で発行できる罹災証明書

「一部損壊」の罹災証明書に限ります

開始日

6月25日(月曜日)から

受付時間

8時45分~17時15分
※25日(月曜日)は9時30分から

受付場所

総合センター13階 職員研修所

ご持参いただくもの

  • 被害箇所の写真(カメラ、携帯、スマートフォンなどの持参でも可)
  • ご本人確認できるもの(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)
  • 印鑑(認印でも可)
※代理人が申請される場合は、代理人の本人確認できるものをお持ちください。
 委任状は不要です。


HPからの丸写しになりますが、 上記の内容になります。
 また、
郵送でも受付可能になってます。
 

郵送で申請する場合

郵送で申請をされる場合は、下記書類等を、資産税課までお送りください。
・罹災証明書発行申請書
・損害箇所の写真
・切手を貼った返信用封筒

用紙は以下からデーターをダウンロードして、印刷して使います。
 http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/soumu/sisanzei/shinseishodl/1529803782028.html

2018年6月23日土曜日

続・建築物の応急危険度判定の要請受付けについて

先ほど検査申し込みしみしました。
あくまで現状大丈夫か?を判定するだけで、
罹災証明、早期修繕等
に影響する物ではないそうです。
あくまで、
現状、その建物を利用して大丈夫か?の判定になります。

尚、内見してどうこうもないようで、
検査前に電話もできないくらい申し込みがされていそうです。
なので、
留守であっても、そのまま外観をチェックしての判定となります。
ですので、
 私の自宅の様に
2回から見て、瓦のズレが確認できる…ようなケースは、
ちょっと判定基準が変わるかも知れません(そこまでは見ないそうです)
とはいえ、
検査を受けた、受けてないでは安心感が異なりますので、
一応受けた方がいいのではないでしょうか?

尚、
店舗の方は、一枚ガラスのレール破損、
壁割れて落ちてます…が、補修をして普通に使えてますので
ま、護符代わりと考えてます。
既に、
付き合いのある工務店に、いつになるかわからないけど、
修繕は発注してます。
こういう時だからこそ、
地元の業者との繋がりを作っておくのが大事かもしれませんね。

何はともあれ、
着実に日常に戻ろうと動いてます ( ・ω・)∩

建築物の応急危険度判定の要請受付けについて

http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kinkyusaigai/1529741931172.html
建築物の応急危険度判定につきましては
6月27日(水) 正午
をもって受付けを終了します。


お心当たりのある方は早めに

 審査指導課(電話:072-674-7567)にご連絡ください。

罹災証明の発行につきましては,

別途、資産税課(電話:072-674-7143) にお問い合わせください。